"2014年12月"の記事

12月まとめ「WEB番組収録と熱海・広島」

Travel Web

朝まで生デジハリ

いつもは繁忙期の12月ですが、2014年の年末は珍しく比較的ゆったり過ごすことが出来ました。

 

 

■5日 「朝まで生デジハリ」収録

 

朝まで生デジハリ

 

WEB番組で配信される「朝まで生デジハリ」の収録。
小道具から映像のつくり込から本気のデジハリ。さすがでした。
いろいろ話している様子はこちらからどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=d7-MjeQAkCI

 


■6日 今年お世話になった人たちと忘年会
 
毎年夏に行われるクリエイター集団ROOT主催「誰にも教えたくない林間学校」の幹事たちと忘年会。
とりとめのない話をする時間が心地よい。
来年の企画も充実できるものになりますように。

 


■14日~16日 熱海へ

 

熱海花火

2014年は思いがけず何度も訪れることになった熱海。
今回は、仕事の打ち合わせ1本と、熱海に居を構える消しゴムはんこ作家の津久井智子ちゃんのお家でぼーっと過ごす。というスケジュールでした。

 

久保田涼子
冬の花火は、1年の締めくくりにふさわしかったです。

 

 

■26日から年末まで 広島

 

広島

 

次の年の企画の下準備をしたり、友達とあったり、家族と過ごしたり、

 

最後は電池が切れてぼーっとしておりました。

動いた記録は「新年のご挨拶」http://kubotaryoko.com/2015/0106181407.htmlをご覧ください。

 

1月に続く!

 

ミュージックビデオが出来るまで

Music

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

あっという間に「師走」です!
主要な出来事はなんとか書き留めましたが、9月後半からの日々のあれこれがなにも書けておらず・・・。

手始めに、先日リリースしたミュージックビデオが出来るまでの軌跡を振り返っていきたいと思います。

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

3月に制作会社の曲輪さんに企画をご相談し、9月末に広島で撮影をした過程は、
前回書き留めたこちらのブログ「広島でミュージックビデオの撮影ロケでした」をご覧ください。

 

これは、その後のお話・・・。

 

 

・・・・10月10日、二胡で参加してくださった芳晴さんパートのロケを行いました。場所は藤野。

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

夏に毎年イベントを行っている 篠原の里の裏山をお借りして、夕方から撮影開始です。

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

↑この日、照明で参加してくれた役者の秋山勇次。

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

撮影中、ふと空を見上げると、夕焼けに変化が・・・。

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

青からオレンジ、赤、むらさき。
どんどん変わり、深まる色。
「なにこれ!すごい!!!」 と、現場は大興奮。

 

後から調べてみると台風の前の夕焼けはドラマチックになることが多いのだそうです。
加工していない天然グラデーションの中、芳晴さんが二胡を奏でるミラクルな絵が撮影出来ました。



打ち上げはやまなみ温泉へ。
私以外全員男性なので、久保田はひとり女風呂。

 

 

次の日(10月11日)は、ピアノで参加してくださった平方元ちゃんの撮影です。

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

ロケ地は、なんと、監督 高木聡さんのお宅。
映画のセットのようなリビング。夢があるなぁ。

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

げんちゃん、タカさんからお借りしたシャツを着てみたけど、入らないの図。
色々着替えを繰り返し、最終的にはこのような衣装に落ち着きました。

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

丸メガネ!!新しい!

・・・・・・あれ?

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

・・・似てる?

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

どっちがげんちゃん?!

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

などと、途中遊びながらも、つつがなく撮影は終了。

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

全てのカットを撮り終えて満足顔の三人。

 

・・・11月1日。編集完了の報告を受けて、再度タカさんのお家へ。
どんな出来になっているんだろうと、ドキドキしながら向かいました。

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

音を調整して下さるMAさんやプロデューサーの結城さんも交えながらの最終調整。
映像編集の現場に初めて同席しましたが、ものづくりが好きな私は編集画面のインターフェースを見るだけでワクワクが止まりませんでした。

カットを差し替えたり、順番を入れ替えたり。

 

そして、、、、

 

ついに、、、

 

完成!

 

久保田涼子ミュージックビデオが出来るまで

 

当初自分が思い描いていた曲の世界観、テーマ以上のものが出来上がって、大満足!!本当に嬉しかったです。

 

久保田涼子バースデーライブ Birth Vol.6

 

・・・11月8日、バースデーライブのアンコールで、ミュージックビデオがお披露目となりました。
これがやりたい!と強く願って、動いていたら、夢が叶いました。

 今回の企画を実現するために動いてくださった全てのみなさまに感謝致します。


点と点がつながって、いつのまにか一本の線になる。

 

消しゴムはんこと音楽ライブ「Playing field at 広島」ご来場ありがとうございました

Music

Playing Field at 広島

11月30日(日)に行われた消しゴムはんこと音楽ライブ「Playing Field at 広島」無事終了いたしました。
ご来場頂きましたみなさま、関係者のみなさま、ヲルガン座、ふらんす座のゴトウイズミさん、スタッフのみなさま、有難うございました。

 

あれは7月の終わり。
友人の消しゴムはんこ作家津久井智子ちゃんのアトリエがある熱海にて
「そういえば今度初めて広島に行くんだよ。」
と、智子ちゃんがランチの時にぽろりとこぼした一言から
「じゃあ一緒になにかやろうよ!」
と、ひらめいて一緒に作り上げていったイベントでした。

 消しゴムはんこと音楽ライブ「Playing Field」

智子ちゃんの他に、
新潟から極楽寺の副住職でもあり消しゴムはんこ作家の麻田弘潤さん
(極楽寺のWEBサイト、昨年制作させて頂きました。)が参加。

音楽の部では、バースデーライブで共に演奏した芳晴さんや、
ゲスト出演してくださったジェンベのアースケさんが参戦。

東京からデザイナーのアカネちゃん、俳優 秋山勇次もお手伝いに来て下さるなど、
気がついたらとっても豪華な会に。

 

久保田涼子

※写真はイベント前日に音楽チームで訪れた宮島。

 

さて、30日午前の部は10時からスタート。
親子参加OKなワークショップです。
内容は、年賀状作りワークショップと消しゴムはんこ捺し。

 

Playing Field at 広島

 

オトナもコドモも消しゴムはんこと向き合い、捺す、彫る。

ほのぼのとした時間でした。なにより参加された方々が喜んで帰られたのが嬉しかった。

実は、自分が主催するイベントで親子イベントというのは初の試みでした。
友人ママさんに沢山アドバイスを頂き(あっちゃん心からありがとう!)下準備をして臨みましたが、
怪我もトラブルもなく無事終わって、ほっ。
午前中、私はずっと会場を見まわったり、2才のお子さんと遊んだりしておりました。

 

Playing Field at 広島

 

ランチの後、午後の部へ。

3Fのふらんす座へ移動です。(↑ピアノの上で彫りのイメージトレーニングをしている津久井&麻田ペア)

午後はオトナの部!!満員御礼!

 

Playing Field at 広島

 

参加者のみなさん、慣れた手つきで彫っております。不器用な私は終始感動しまくりです。

 

Playing Field at 広島

 

ワークショップ終わりに、出来上がった作品を持って、記念撮影。

 

Playing Field at 広島

 

ご参加、有難うございました。

 

消しゴムはんこの後は、会場を模様替えして、ライブです。

 

 

久保田涼子 Playing Field

 

写真の中にある天井からぶら下がっている装飾は、
午前の部に参加された方々が、コースターに消しゴムはんこを捺して作ってくださったものです。

 

久保田涼子 Playing Field

この日のお客様は、新しいお顔が沢山でした。

数日前にヲルガン座のオーナーのイズミさんが登壇された「広島の楽しい100人」というセミナーの懇親会で仲良くなった方(そのうち一人はいつの間にか当日スタッフに(笑))、友人の子どもたち、消しゴムはんこのワークショップを受け、そのままライブを見てくださった方。高校の時の音楽仲間!友達の友達。
そして、もちろんいつものお客様も。ありがたいです。

 

会場のみなさんと声を出して歌ったり、バースデーライブで演奏した演目を三人で奏でたりして、ぎゅっと詰まった、とてもよいライブになったと思います。

 

最後の演目で曲が終わった瞬間、目の前のお子さんがスタンディングオベーションをしてくれたのは嬉しかったなー。

 

音戸大橋

 

そんなわけで、朝から夜まで走り抜けたイベントが終わりました。

 

いつも何かを企画するときに、根底には「人と人をつなげる」という意識があります。

 

新しいつながりが主催した場所で生まれるのを見ると、幸せな気持ちになるのですが、
今回のイベントはそれがかなり達成できたのではないかなと思いました。
(懐かしいつながりも生まれて良かった!)

 

2014年の歌いおさめ。

来年も、おもしろい場を作っていきたいです。

 

 

 

 ・・・・・

おまけのお写真たち。前日の老人ホームでのコンサートの模様。この日も楽しかった!

そして、オフの日の瀬戸内の風景、飛行場から見えたキラキラ雲。

 

久保田涼子 久保田涼子 久保田涼子 芳晴久保田涼子久保田涼子